slide 1 slide 2 slide 3

桑園延命地蔵尊

HOME
桑園延命地蔵尊とは?

鉄道事故犠牲者の供養と
交通安全を祈念する
「お地蔵さん」です
桑園地蔵と呼ばれます。

建 立

私は昭和二年に
地元の有志によって
建立されました。

それではもう少し詳しくご説明します





ご案内

Information

明治13(西暦1880)年,札幌と小樽の間に鉄道が敷かれました(現函館本線)。
いまでこそ現代的な建造物が立ち並ぶ桑園地区ですが,当時は小川が流れ草木が生い茂り,
さらに曲線の鉄道で見通しが悪く,鉄道事故が跡を絶ちませんでした。
大正13(1924)年に国鉄桑園駅が開業すると人の往来も次第に増え,
北七条西11丁目の踏切では事故が多いことから「魔の踏切」と呼ばれるようになっていました。

大正15(1926)年,亡くなった方々への供養のために地元有志が集まり,地蔵を建てる為の組織「北門倶楽部」を結成しました。
そして昭和2(1927)年8月に全長2.6m,重さ3.5tもある“桑園延命地蔵尊”が建立されました。
それまでに亡くなった方の数は364人にも上っていましたが,
「迷信カ信仰カ 此ノ穿鑿(せんさく)ハ別トシテ 不思議ニモ殊ニ死ヲ遂グル人ナキニ至ッタ」 と碑文に記されている通り
地蔵の建立を機会に事故が減ったと言われています。

そして鉄道が開通されて108年

昭和63(1988)年11月に鉄道が今のような高架線となり,鉄道事故の問題もようやく解消されることになります。
事故の心配がなくなった今でも,お地蔵さんへの感謝と亡くなった方々の供養,そして地域の交通安全のための慰霊祭が行われています。
慰霊祭は毎年7月24日に桑園延命地蔵尊保存会が主催しており,大勢の方が列席されます。


最初に戻る





慰霊祭

Memorial
7.24



Movie




平成30年

最初に戻る

ご近所さん

partner

札幌市中央区役所桑園地区連合町内会桑園かわら版そうえんまちおこしプロジェクトNPO法人北のごみ総合研究所北緑山新善光寺JR北海道

近くを通りましたら どうぞお立ち寄りください

お地蔵さん

お地蔵さん

今日も交通安全じゃ

おじいさん

気を付けていってらっしゃい

おばあさん

アクセス

Access

札幌市中央区北六条西10丁目11-2

─ バス ─
じょうてつバス:北5条西10丁目下車 徒歩5分
JRバス:北5条西10丁目下車 徒歩5分
中央バス:北5条西10丁目下車 徒歩5分

─ J R ─
JR:桑園駅下車 徒歩11分
JR:札幌駅下車 徒歩12分

URLをメールで送る

最初に戻る

公開 2017年12月21日
更新 2018年9月30日
制作 Soen Jiro


http://soenjizo.kasajizo.com/