本文へスキップ

桑園にある供養と交通安全のお地蔵さん,桑園延命地蔵尊です。

どなた様でも自由にご参拝いただけます

慰霊祭は7月24日

みなさんに桑園地蔵と呼ばれて親しまれています

桑園延命地蔵尊について

information

明治13(西暦1880)年,札幌と小樽の間に鉄道が敷かれました(現函館本線)。
いまでは現代的な建造物が立ち並ぶ桑園地区ですが,当時は小川が流れ,草木が生い茂り,
さらに曲線の鉄道によりたいへん見通しが悪く,鉄道事故が跡を絶ちませんでした。

大正13(1924)年に国鉄桑園駅が開業すると人の往来も次第に増え,
北七条西11丁目の踏切では事故が多いことから「魔の踏切」と呼ばれるようになりました。

大正15(1926)年,亡くなった方々への供養のため,地元有志が「北門倶楽部」という組織を結成しお地蔵さんを建てることになりました。

昭和2(1927)年8月に,全長2.6m,重さ3.5tもある“桑園延命地蔵尊”が建立されました。
それまでに亡くなった方の数は364名にも上っていましたが,
「迷信カ信仰カ 此ノ穿鑿(せんさく)ハ別トシテ不思議ニモ殊ニ死ヲ遂グル人ナキニ至ッタ」
と碑文に記されており,お地蔵さんの建立を機会に事故が減ったと言われています。

列車の往来と車の交通量が増えたことからアンダーパスが建設され,まずは踏切が消滅。
そして昭和63(1988)年11月に鉄道が今のような高架線となり,鉄道事故の問題もようやく解消されることになります。

事故の心配がなくなった今でも,行き交う方が手を合わせ,地域の皆さんに愛され続けています。
毎年7月24日には桑園延命地蔵尊保存会により慰霊祭が執り行われています。

慰霊祭

memorial service
7.24

例年7月24日午後二時より(雨天順延)地蔵前広場にて執り行います。
どなた様も自由にご参加いただけます。






ナビゲーション

informationご案内

桑園延命地蔵尊

〒060-0006
北海道札幌市中央区
北6条西10丁目11−2